3月, 2014年

そう甘くない神待ちサイトの実情

2014-03-27

神待ちサイトを実際に利用してみた方の感想としましては、神待ちサイトはもはや神待ちサイトとしての役割をはたしていないと言う事だそうです。
なぜこのような結論に至ったのかと言いますと、男性陣は金銭などを援助する代わりに大半の男性が肉体関係を迫ったという事だからです。
本来神待ちサイトと言うのは、寝る場所を提供する、食事を提供する、金銭を援助して女性、少女らを助けると言う目的のもと設立されています。
そこには援助した代わりに・・・と言うように見返りを求めてはならないことになっています。
だからこそこれだけ女性・少女らの利用者が爆発的に伸びて来たんですし、lineなどでもよい評判が流れ安心して利用することのできる場として成り立っていたのです。
しかし、利用者が増えるにつれ、男性の品質もどんどん劣化し今では援助交際の場へと変貌してしまったのです。
やはり、見知らぬ男女とはいえ一つ屋根の下で共に過ごすと言う事は男性にとって非常に悶々としたものを感じるのでしょう。
一度や二度は我慢できても、何回か神として援助することができてもそれをずっと持続すると言う事は難しいようです。
こうした現実を踏まえ神待ちサイトを利用したいと思っている女性・少女らは利用しなければならないと思います。

エッチ目的の人も多いのです

2014-03-27

若者ならほとんどの人が神待ちサイトの存在を知っていると思います。
しかし、若者しか知らないというわけではなく多くの若者が利用していることを知っている大人も結構アンテナ貼ってます。
若者の文化に興味があるとかではなく、単純にエッチ目的です。
神待ちサイトは、今お腹を空かせているだったり、今日泊まる部屋が欲しいだったり、結構切羽詰まっている女の子からの書き込みが多いのです。
それはつまり、最終的には泊めてくれるなら誰でもいいやと、思ったのよりちょっと条件が悪くても了承しなくてはならなくなることもあるということです。
それはつまり、コストを抑えてリターンを多めにもらおうと考える大人がいるってことです。冬だったり、天気が悪かったりしたら寝る場所はどうしても欲しいですよね。
単純な話、エッチありでいいなら泊めてあげてもいいよいう交換条件を出してくることもあるってことです。そんな露骨なやり取りはないかもしれませんが、結果的にはそこなんです。
だったら、そんな切羽詰まらないように余裕をもって相手を探せばいいじゃないかって思うかもしれませんが、なかなか相手が見つからない時もあります。そして、なぜかそういう困った人を見つけるのが上手な大人っているんです。
男性ばかり悪者に仕立て上げるのもバランスが悪いので、逆に男性が被害者になることもあるという話も最後に一つしたいと思います。
それは、女性が家に泊りにきた理由が金目のものを盗むためだったりすることもあるってことです。
疑心暗鬼になってては、楽しめない神待ちサイトですが、無防備なままでは損するばかりになってしまいそうです。
いい子を見つけてもすぐには会うようなことはしないで、ラインなどで少し交流して様子をみてみるといいかもしれません。

危険な神待ちサイト

2014-03-27

神待ちサイトの危険性が問われてから結構時が経ちましたが、いまだに神待ちサイトを利用している少女が後を絶たないようです。
少女という表現を使わせてもらっているのは神待ちサイトを利用している方と言うのが、中学生・高校生の少女らだからです。
この時期と言うのは反抗期や受験、部活や塾、友達関係、彼氏など様々な要因が重なり合ってきます。
少しの折衝ですぐにいらだち、反抗し、家を飛び出すと言う事も少なくないのです。
そうした時お金も人脈もラインなどを上手く活用する事の出来ないこの年代を助けてくれる人と言うのはなかなかいません。
そうした中神待ちサイトを利用してしまうようです。
しかし、神待ちサイトのリスクと言うのは何度も申しあげられている通り、今では援助交際の場となり下がっているのです。
男性に言いくるめられ結局体を許してしまったという事になり後々後悔してしまうのです。
考えてみれば分かるように、ただ金を援助してくれる寝る場所を提供してくれる、食事をおごってくれると言う事で終わりと言う事はあり得ません。
見知らぬ男性と出会うと言う事はそれだけ危険も潜んでるのできっぱりと神待ちサイトは利用しないと言う事を約束して欲しいと思います。

会うしかない神待ちサイト

2014-03-27

出会い系サイトと比べて、神待ちサイトは出会いやすいとよく聞きます。
出会い系サイトは自分の好みの相手を探す必要がありますが、神待ちサイトは自分がヘルプできる子にアプローチすればいいだけなので、ハードルが低めなのかもしれません。
出会い系サイトを未成年者が利用することは禁止されていますが、それでも未成年者がらみの犯罪はあとをたちません。未成年者と知らずにセックスをしてしまうこともあるかもしれませんが、知らなかったらいいのかという話にもなってしまいます。
出会い系サイトよりも神待ちサイトを選ぶ理由の一つにサクラの存在があります。ただでさえ、出会い系サイトは男性のほうが多めなにに、サクラがいてはなかなか出会いに繋がりません。せっかくいい雰囲気になってきたと思ったら、なかなか会おうとしない結果サクラだったという苦い経験をしてきた人も多いかと思います。
出会い系サイトではメールのやり取りなどを通してポイントをどんどん消費させることをしてきます。
神待ちサイトなら、目的がご飯をおごって欲しいだとか、家に泊めて欲しいといったものですから、必ず会う必要がでてきます。会いたくないなんていう神待ちはいないのです。そういった意味で出会い系サイトよりは、出会いやすいサイトなのかもしれません。
ただ、お互いに見ず知らずの相手と会うことになりますから、最新の注意は払っておきたいですね。一応相手のラインIDを聞いたりしておくといいかもしれません。
神待ちサイトにまったくサクラがいないというわけではないので、ラインIDの交換などで探りをいれるといいでしょう。

高校1年生の夏

2014-03-27

私の神待ち体験は、高校1年生の夏でした。
家族とうまくいかなくなって、要するにウザクなって家を飛び出しました。
お小遣いは3000円くらい持ってたかな?
東急東横線田園調布駅でなんとなく下車しました。
きっとお金持ちが多いから誰か私を泊めてくれるだろうだなんて考えていました。
駅に着いたのが15時くらい。
駅前のファースト・フードでアイスコーヒーをテイクアウトして、飲みながらなんとなく改札口を行きかう人々を眺めていました。
いわゆる神待ちをしていたわけです。
夕方になって、なんだか気持ちがそわそわしてきて・・・・・。
スマホで、今で言う神待ち掲示板に書き込みして【誰か私を泊めてくれる人いないかな? ゆうか】。
今で言う神待ち少女になったわけです。
しばらくしたら反応があって【今どこにいるの? たくや】
【田園調布駅の改札口。 ゆうか】と書き込みしたら【おっけー、迎えに行くよ。 たくや】と返事がありました。
神待ち成功です!
いったいどんな人が来るのだろう?
心配になってそわそわ。
【ゆうかさんかな?】
声をかけられて振り向くと、スーツを着たサラリーマン風のお兄さん。
【僕の家に泊まりなよ】
ちょっと怖かったけど、お兄さんについて歩き始めた私。
家に着いた途端に押し倒されてレイプされちゃうのかしら?
もう不安だらけでした。
だけど、そのお兄さんは乱暴なことはせず、夕飯にピザを頼んでくれて、私はリビングのソファで眠って一夜を過ごしました。
これが私の神待ち体験でした。

Copyright(c) 2014 オススメの神待ち掲示板〈dempa2ch〉 All Rights Reserved.