そう甘くない神待ちサイトの実情

2014-03-27

神待ちサイトを実際に利用してみた方の感想としましては、神待ちサイトはもはや神待ちサイトとしての役割をはたしていないと言う事だそうです。
なぜこのような結論に至ったのかと言いますと、男性陣は金銭などを援助する代わりに大半の男性が肉体関係を迫ったという事だからです。
本来神待ちサイトと言うのは、寝る場所を提供する、食事を提供する、金銭を援助して女性、少女らを助けると言う目的のもと設立されています。
そこには援助した代わりに・・・と言うように見返りを求めてはならないことになっています。
だからこそこれだけ女性・少女らの利用者が爆発的に伸びて来たんですし、lineなどでもよい評判が流れ安心して利用することのできる場として成り立っていたのです。
しかし、利用者が増えるにつれ、男性の品質もどんどん劣化し今では援助交際の場へと変貌してしまったのです。
やはり、見知らぬ男女とはいえ一つ屋根の下で共に過ごすと言う事は男性にとって非常に悶々としたものを感じるのでしょう。
一度や二度は我慢できても、何回か神として援助することができてもそれをずっと持続すると言う事は難しいようです。
こうした現実を踏まえ神待ちサイトを利用したいと思っている女性・少女らは利用しなければならないと思います。

Copyright(c) 2014 オススメの神待ち掲示板〈dempa2ch〉 All Rights Reserved.