少ないケースだと思います

最近ネット上に頻繁に現れる言葉で「神待ち」と言うのがあります。
オジサンたちには聞きなれない言葉ですが、決してスピリチュアルものではなく、強いて言えばホスピタル的なものと思った方がいいかもしれません。

神待ちとは、一般的には家出した女性に寝る場所と食事を提供する人を「神」と呼び、その親切な人が現れることを待っているのが「神待ち」と言います。
ですから家出をした女性が神待ちをして、助ける男性は神という事になります。

家出した女性以外にも、派遣切りに遭って住む場所が無い娘や、ネット難民のように漫画喫茶などで暮らしているような娘が金欠になった時、またはフリーターの娘が仕事にあぶれて行き先が無くなった時に神待ちが行われるようです。

足長おじさんのように親切で世話をしてあげる人は少なくて、実際には世話する代償にカラダを求めることになります。
「神待ち=援交」に近いものになってしまうため、一歩間違うと犯罪になることもあります。

考えてみれば、成人女性が家出して、しかも金欠で泊まれる友人宅もなく、神と呼ばれる男性を待つことは少ないケースだと思います。
だからこそ、エクスキューズのサインが「神待ち」になっているのでしょうが、男性が神になる時には年齢確認が必要なことは必須かもしれません。

Copyright(c) 2014 オススメの神待ち掲示板〈dempa2ch〉 All Rights Reserved.