若者が使いこなすツールに大人が割り込む

神待ちサイトをなんの危機感もなしに利用するのは危険です。
利用しないのが一番安全ですが、ダメといっても利用する人は利用するものです。
神待ちサイトはフタを開ければ出会い系サイトとさほど大差ないように思いますが、今となっては出会い系サイトのほうが健全な出会いがあるのかもしれません。
なぜなら、神待ちサイトには年齢制限が殆ど無いからです。
出会い系サイトは未成年者の登録は禁止されていますし、登録前には身分証明が必要だったりします。
年齢の制限がないということは、未成年者でも利用できるということ。出会い系サイトには年齢制限で登録できなかった未成年者は出会いを求めて神待ちサイトに登録することになるわけです。
そして、大人も未成年者との出会いを求めて登録してくるわけです。
基本的にいろいろな人と出会うことは人生を豊かにするために必要なことだと思います。しかし、動悸が不純である場合、大人に食い物にされる未成年がでてくることも否めません。
ならば未成年者だけが利用できるサイトを作ればある程度は解決するのかと思えば、それはそれでいじめ問題に繋がったりで、こっちを立てればあっちが立たずといった感じです。
人と人の付き合いはメールや電話だけでなく、今はその中間に位置するようなラインも人気がでてきています。
様々なコニュニケーションツールを使って、若者はどんどんと交友関係を広げていっているのです。
好奇心の強い世代ですから、大人の甘い罠にも引っかかりやすいのだと思います。

Copyright(c) 2014 オススメの神待ち掲示板〈dempa2ch〉 All Rights Reserved.